若ハゲは何故起こる?そのメカニズムに肉薄!

最近髪の毛がやたらと抜ける、髪の毛にハリがなくなって細くなってきた、ボリュームがなくなったなど、年齢に関係なく感じた事はありませんか?

それは極めて高い可能性で男性型脱毛症と言うハゲの初期兆候です。

特に若ハゲと言われる若年層におけるハゲは加齢に伴うハゲの要因がないので、ほぼ若ハゲの原因は男性型脱毛症と言えるのです。

男性型脱毛症の顕著な症状は前頭部、つまり生際及び頭頂部のハゲから始まると言う事です。

ですが、この個所以外のハゲはあまり聞いた事がないので、それほど高い確率で男性型脱毛症が起こっていると言えます。

これまでは、ハゲの原因と言うとほぼ遺伝と言われてきましたが、この男性型脱毛症が判って以来、育毛業界、植毛業界はこの症状に注目し、治療薬を研究してきました。

その為、AGAや男性型脱毛症と言う言葉が育毛剤や、植毛関連のCMや広告に頻繁に使用される様になったのです。

皆さんもこれらの言葉自体は見聞きした事が最近は多いのではないでしょうか。

男性型脱毛症は、その名が示す通り男性ホルモンの過多や分泌異常から始まります。

男性ホルモンが元々体内にある5aリダクターゼと言う還元酵素と結び付きます。

すると強力な脱毛作用があるジヒドロテストステロンと言うホルモンに変化してしまうのです。

男性ホルモンの量が多ければ多い程、このジヒドロテストステロンも多く生成されます。

この為、育毛のサイクルが著しく乱れ、脱毛サイクルが早まり、発毛のサイクルが遅くなるのです。

脱毛に発毛が追い付かなくなる事で、やがて薄毛になっていき、最終的にはハゲになってしまうと言う訳です。

こうなってしまうと治療もままなりません。

病気もハゲも早期発見、早期治療が有効である事は言うまでもなく、少しでも髪の毛が残っている状況で一刻も早く治療を開始することが理想です。

毛穴や毛根は死滅してしまうと最早取り返しがつきません。

死滅したところから髪の毛を生やすと言ったいわゆる「毛生え薬」は開発されていないのです。

現在存在する薬や育毛剤は、飽くまで原因を止める、予防する、髪の毛が生える事を促すと言った類のもので、「全くない髪の毛を生やす」と言った特性のものではないのです。

その為、男性型脱毛症にも効果のある薬は現在数種類開発されましたが、基本的には男性型脱毛症をストップし、髪の毛が生える環境を整え、育毛サイクルを正常に戻す事で自己再生機能に期待する性質のものなのpです。