若ハゲ、男性型脱毛症に効果がある薬とは

若ハゲの原因はほぼ男性型脱毛症からくるものです。

男性型脱毛症のメカニズムとして、ジヒドロテストステロンが生成されるとハゲると判明しています。

それであれば、ジヒドロテストステロンを阻害すれば、消滅させれば効果てきめんですが、残念ながら現段階ではジヒドロテストステロンに直接効果を及ぼす薬などは未開発の状態です。

では、男性型脱毛症は治らないのでしょうか。

その答えは否です。

育毛業界や、育毛専門医師は発想を少しだけ転換して、ジヒドロテストステロンを直接攻撃できないなら、生成させなければ良いと言う考えに至ったのです。

ジヒドロテストステロンを産む大きな要因は男性ホルモンと5aリダクターゼです。

つまり、ジヒドロテストステロンの生成の前段階で抑制するには、この2つを阻害すれば良い訳です。

そこで、使用されているのがプロペシアとフィナステリドです。

プロペシアは男性ホルモンを抑制し、正常なホルモンバランスへ戻す効能があります。

フィナステリドは5aリダクターゼの働きを阻害し、例え男性ホルモンが多い場合でもジヒドロテストステロンに変化させません。

それぞれの薬は、開発当初は全く別の疾患の治療目的に使用されていたのです。

双方とも元々は前立腺肥大や前立腺癌などの薬で、臨床段階で副産物として男性型脱毛症に効果がある事が判明したのです。

そこで、新たに男性型脱毛症の治療薬としての臨床実験を行い、データを収集した結果、間違いなくこれらの薬品には男性型脱毛症を止める効果があると判ったのです。

それ以来、専門医に行くと決まってこれらの内のどちらかの薬が処方される様になったのです。

現状では、使用歴の長さや、効果の実績からプロペシアを処方する医師が多いのですが、最近ではフィナステリドを使うケースも少しずつ増えて来たようです。

どちらにせよ選択肢が2つある事は重要なことです。

薬は効果や副作用共に個々人との相性が全てです。

例え100人のうち99人に効果があっても、残りの1人にも効くとは限りません。

副作用にも同じ事が言えます。

使用の結果が同じなら、選択する幅があると言うのは大いに歓迎すべき事であると言えます。

これらの薬を服用して、まずは男性型脱毛症の進行を止めます。

男性型脱毛症は進行性の症状です。

放置すればひたすら進行していく性質があります。

自然治癒や自己免疫などで治っていく可能性は絶対にあり得ません。

ですので、少しでも男性型脱毛症の兆候、つまり抜毛や薄毛に気付いたら即刻治療に臨んで下さい。

 

コメントを残す